この美しさに触れたまえ!トンボの水性ボールペンZOOM 505アズールブルー

トンボの水性ボールペンZOOM 505アズールブルー

スポンサーリンク



 

結構久しぶりのボールペン紹介になります。

待っていた方もそうでない方も見ていって下さいな。

今日はトンボの水性ボールペン「ZOOM 505」のアズールブルーをご紹介したいと思います。

 

トンボの本気を見た「Zoom505」

こちらのペンは、トンボ鉛筆さんの商品になります。

なんとこの商品の発売は1986年から。

私よりもやや若いのですが、それでも30年以上経つベテランさんなのですね~。

 

【てるを私見】(5段階評価)

タイプ水性
書きやすさ★★
高級感★★
速記しやすさ★★★★
インク漏れの不安感

以下公式の紹介より

ZooM 505

トンボのデザイン筆記具「ZOOMシリーズ」の第一弾。
アルミとラバーを組み合わせた素材感溢れる極太フォルムが印象的なモデル。
ラバーグリップと絶妙な太さが生み出すホールド感、筆記バランスの良い低重心設計が長時間でも快適な筆記を実現しました。
シンプルなデザインに機能美が光る一本です。

http://www.tombow.com/products/zoom505/

 

実は私、トンボのペンはあまり持っていません。

こちらと他に100円ぐらいの水性のボールペンが一本です。

だって、トンボと言えば「鉛筆」ですよね。ボールペンに関しては、パイロットやゼブラ、uniに比べるとちょっと地味というか…なんかイマイチというか(失礼)

ですが、このZoom505を見た時は、その美しさに惚れてしまいました。通常のカラーも渋くて良い(ピンクゴールドみたいな感じ)ですが、このアズールブルーという色は特に輝いていて良いです。

僕の好きなサッカーチームはクラブチームならインテルミラノ国ならイタリア

もうね、どちらもチームカラーは青です。因みに、アッズーリはイタリア語で「青」を意味するというワケです。

こりゃ買わないわけにはいきませんな!

 

先ほどトンボ鉛筆さんの公式ホームページを初めて見ました(汗)が、このペン「レッド」もありました。こちらも輝きがもの凄くて欲しくなりそうです。

まぁ赤はインテルミラノのライバルチームであるACミラン(現在は本田圭祐選手のいるチームです)のカラーですから、恐らく買わないと思います。

 

 

使い心地はどうなの?

とこんな風に、このZoom505もすぐに買いましたね~。まだ独身で自由に使ってましたし(笑)

もちろん税理士試験でも使えるぐらいにこのペンは優秀です。

なぜならサラサラかけるのが水性の醍醐味ですからね。本当に書き味は抜群です。

また、持つ部分であるグリップには滑らないようにラバーが巻かれ、かつ重心がグリップ近くにあるというのもミソ。重心がペン先にあると、安定感が相当増します。

 

マイナスポイントは?

これは私だけかもしれませんが、長いこと放置していたらインク漏れが起きてしまいました。

ふたを開けた瞬間に青いインクがドバドバと漏れてました。

水性全般にも言えるのですが、インクが漏れやすいというところが少々難点ですね。

これが本試験で起きる可能性があると思うと、私はやはり試験用のボールペンではなく、実用として使っています。

これが内ポケットに刺さっていたらカッコよくないですか?

トンボにしては(またまた失礼)洗練されたこのZoom505も自慢のペンの一つです。

ではでは

 

【高橋輝雄のアカウント】(気軽にフォローして下さい)
Twitter  https://twitter.com/teruozeimu

 

The following two tabs change content below.

高橋 輝雄

税理士・FP・元SE。 税理士界の諸葛亮孔明を目指して自己研鑽の日々を送る。 「税務・経営・自分の思考」を軸にHPとブログにて情報を発信。 情に厚く、大変涙もろい。ナイアガラの滝のように泣く。 更に詳しくは著者紹介

スポンサーリンク




トンボの水性ボールペンZOOM 505アズールブルー

高橋輝雄の節税テクニック本が発売されました

税理士の高橋輝雄が、主に中小企業の社長様をターゲットとした節税テクニック集をまとめた書籍を販売致しました。

kindleによる電子書籍本となります。kindleunlimitedを利用している方は無料でご覧いただけます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。